神戸の便利屋333 「心の隙間のふりかけ」(なわない広報全仕事)

神戸の便利屋333 「心の隙間にふりかけ」(なわない広報全仕事)


不況なんか吹き飛ばせ! おー!!
便利屋作るぞ! おーー!!!
<知り合いのリフォーム屋さんの新規事業「便利屋さん」のたち上げ(広報)手伝い全記録集>

さて、9月からオープンした「便利屋さん」も、4ヶ月目。
思ったよりたくさん仕事があって「広報係」の僕としてもまあまあ、一安心。

でも、少し僕には「ひっかり」があります。
「依頼内容」です。

「ワンルームの引越しなんですが、手伝ってくれませんか」
「タンスを移動したいんだけど、この歳じゃねえ」
「テーブルを捨ててほしいんです」
「電気のカサを付け替えてほしい」

リフォーム屋の大将の元にやって来る「依頼」のほとんどが「隣近所・友達に助けてもらえる仕事」なんです。

僕は言います。
「近所で困っている人が居ても知らんプリの世の中になった証拠でしょうか?」
リフォーム屋の大将は言います。
「どうやら現場に行ったら、そうでもないんや。困っとる事を金で解決したほうが気が楽や言うんや。近所の人や友達に頼んだら、お返しをせなあかん。一杯飲まさなあかん。役所に頼んだら来てくれるけど、なんやらケッタクソ悪い。大抵、みなそう言うんや。そやからワシのところに電話がかかってくるんや」

いずれにせよ、希薄な付き合いの世の中になったのは確か……。

「そやから、ワシら便利屋は世の中に役にたっとる、な、そない思わなあかん」

ほんとは無いほうが良い職業なのかもしれないけれど、無理やり仕事を取りに行ってる分けではないし……。
それで依頼者が喜べば済む事でもあるし……。

便利屋さんはすーすーした付き合いを埋める
「心の隙間のふりかけ」
みたいなものかな……。

そう、思う事にしよう。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク