僕の阪神・淡路大震災 終わり。生き続けるためのボディーブロー

僕の阪神・淡路大震災 終わり。生き続けるためのボディーブロー

「それは地震前?地震の後?」
神戸の人は過去のことを話す時、地震を節目にする。
ちょうど、坂の多いここ神戸で、北の事を「上」、南の事を「下」というように。

地震後の今、みんなはなんとか生きている。
もちろん僕もこうして、生きている。

家内も息子も娘も、あの時、居なかった僕を責めたことはない。
でも、僕の心にはぽっこりと黒い穴があいている。

確かに借金やその後、ファミコンショップを閉めた辛さなどもあるが、そんなものはどうでもいい。

そうじゃなくて、僕はずっとずっと、「自分にボディーブローを喰らわしている」
『お前は家族を捨てて安全な場所に居た』と。

言い訳の神様がこう言ってくれる。
『いいや、君は動転のあまり、選択肢を見誤ったのさ』
でも、そうじゃない。


inu23

話を始めに戻そう。

阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)
平成7年(1995年)1月17日(火) 5時46分
死者     6,434人
負傷者  43,792人
全壊および半壊棟数 249,180棟
(うち、神戸市内の死者は、4,571人)


亡くなった方の多くはお年寄りそして、子供。
瓦礫の中に埋もれているそれらの人を引き出す家族。
迫ってくる火。逃げなくてはならない今。そんな有様。選択肢。

こんな時の、誤りの選択肢など、ないのは解かっている。

でも、僕の選択肢は間違っていた。

心の整理をしようと書き始めたこの記録だけれど、やはり整理はできなかった。
いや、こうやって書き終えて、「整理しちゃいけない」ことがよく解かった。

この話を、多分、家内も、そしてあれからずいぶん大きくなった息子も娘も読むだろうと思う。
「なんだ、まだそんな事で悔やんでるの」そう言われるかもしれない。
でも、僕は自分の過ちを忘れないために、心の暗い穴にボディーブローを打ち続ける。

今度、何が起こっても選択を誤らないために……。



最後に
こんな暗い話に付き合っていただいた皆様に感謝します。
ありがとうございました。

冒頭にも書いたように、神戸は、本当はまだまだ回復をしていません。
国道沿いや、繁華街だけは早々にビルが建ちましたが、
その一歩裏へ入ればまだまだ焼け野原がそのまま残っています。
「奇跡的な復興」そんなものは嘘です。

いかにも神戸らしく「見栄え」だけを強調して、マスコミが報道する「1,17」
そして、さもそれが自分の手柄のように見せる国や神戸市。
僕たちはまだまだ立ち直ってはいません。

いまだにごろごろと転がっている「死」「怪我」「借金」。
そして、決して、見えないけれど、出さないけれど、僕のように、憤りのないジレンマにさいなまれている人がどれだけいることか!
もちろんこれは神戸だけのことではなく、この地震に遭遇した全ての人。

この記録を書きながら、自分で何度も自問自答をしました。
「書いて消えるか(自分のトラウマ)」
「書いて来ないか(災害が)」
「書くことで何かあるか(参考になるのか)」

でも、途中ではたと思ったんです。

「亡くなった人はもう何も言えない、書けない」

じゃ、かろうじて今も生きている僕が語ってみよう。

取りとめのない後書きになりました。

神戸の僕たちは、明日も生きていかなくてはなりません。
応援してください。




僕の阪神・淡路大震災
(完)

「僕の阪神淡路大震災」シリーズ これまでの記事はこちらです。



ruminariekk
<「神戸ルミナリエ」。阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催され、震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と勇気、希望を与えました。(神戸ルミナリエ公式サイトより)>




ブログランキング
<最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。>


プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク