神戸へんー2「串ホルモン」

神戸へんー2「ホルモン」

「ホルモン焼き」の「ほるもん」の言葉の由来は
「ほる」(神戸弁で捨てる)と、「もん」(神戸弁で物)からできたとの説があるそうです。

今まで食材として利用されなくて捨てられていた肉の部位を、
丁寧に加工や調理をして「捨てられるもの」から「食べられるもの」に替わった……。

それが「ホルモン」という説であります。


HI3G0001_convert_20100630204221.jpg


HI3G0005_convert_20100630204456.jpgHI3G0003_convert_20100630204341.jpg


「なぜか、ほるもんとちゃりんこは相性がいいようであります」


HI3G0002_convert_20100630204304.jpg

家から歩いて3分。


HI3G0004_convert_20100630204419.jpg

近所の元気な子供達が夕暮れにちょいと一本チョウダイ!



さてさて、ここでかいまみられるのは「企業努力」であります。

この焼肉やさん、近所でも美味しくて流行っています。
でも、それではまだまだと新アイデアではじめたのが「店前屋台」

どうですこの盛況ぶり!

「ほるもん」を初め食材にしたのは「神戸」でなくでもいいのです。

過去の歴史より、次は、どうしようか……。

そこを教えてくれる「一本80円されど……」であります。




<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。


コメント

こんばんは

うちの方では「ほるもん焼き」って見かけないな。
まぁ・・飲み屋に行かないからなのですがね(^^;)

「ホルモン」を見ると何故か「ホルエモン」に改名すれば・・なんて思ってしまいます。

ちなみに、我家の串物は「焼きトン」が多いですね。

ピン助さんへ

ええええー?
「焼きトン」意味不明????

こんばんは

普通なら「焼き鳥」ですが、埼玉の一部では「焼き豚(トン)」なのです。
紀元前3世紀頃から・・ではないと思いますが。

ピン助さんへ

そう言えば、名古屋には「焼とん」というものがありました。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク