アンモナイトな思い

アンモナイトな思い

雨と風で、たくさんの葉っぱが道路に積もってる。
僕はその上を、車で走ってる。
全然、成果がなかった今日の仕事。
あーあ、
この、僕が踏んでいった葉っぱたちは、何億年か先に石油になるのかな。
僕は石油を作り続けてるわけ?
僕の欲しいのは、すぐそこの明日なのに……。








<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。










コメント

こんばんは

アンモナイト
と、
ナン(何)モナイトをかけたのかと思いました。

葉っぱが石油になるのと同じくして俺らは化石に・・・。
化石になるなら、かっこいいポーズを決めたいところです。

ピン助さんへ

おじょうず
たしかになんにのないとのひでありました。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク