うちの奥さんがロックバンド作ったその3

Babambeezよ
ロックの歴史をなぎ倒せ


babam

<バンド結成の話の2>

さて、当日。売れない歌手のライブ。
その観客の大半は見たことのある近所のおばさん。
そりゃそうです、うちのあほ妻が、ほとんどチケットさばいたんですから。

その日のお客様は、
台所から、よそ行きに着替えてきた元少女たち。
「私、この人、昔、テレビで見たことある!!!!」
と、本日のパンフレットをめくってお祭り騒ぎ。

(大昔ちょいとテレビに出ていた歌手)の
ライブの内容は置いといて、ここからが本題。


しーんとしらけた、ライブを終えて、出てくるおばさん達の目線がおかしいのです。

おばさんは、遠い未来を見ているのです。
口元が引き締まっているのです。


「あの時あこがれた、あの歌手も、ただのおばさんになってるじゃないの」
「ぜんぜん成長してないわね」
「私が子育てしてる間、あの人、何やってたのかしら」

憧れのスターが偶像になった今、おばさん達に何も怖いものはない。



おばさん達の心の雄たけびが聞こえました。




「あれ位なら、今の、私には、出来る!」





この話、続く…………。

うちの奥さんがおばさんロックバンド作った!!シリーズ

「1、序章」
「2、バンド結成の話」
「3、バンド結成の話-2」
「4、だれでも最初は初めてよ」
「5、そうそうバンド名を決めなくては……」
「6、そうそうバンド名を決めなくては……2」
「7、そうそうバンド名を決めなくては……おまけ」
「8、ライブ宣言」
「9、楽器購入」
「10、ちょいともめた」
「11、スタジオデビュー」
「12、どんどん上手くなってきた」
「13、参加メンバーが決まった」
「14、出演料金表作った」
「15、さあ、いよいよ本番だ!」
「16、ついに本番」
「17、ラスト」
「18、書き終えて」

コメント

なわないさんの妻、かっこええ。

ricodaさんへ

そう育てたおれがかっこええ!!
と、言いたいですが、パワーはぜんぜん負けてます。

やばい、映画化しそう

ハラキリさんへ

おばさん版りんだりんだ
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク