「あちら」と「あちら」からのお盆 (20110815書下ろし)

「あちらとあちら」からのお盆<20110815書下ろし>



夕暮れの田舎の駅。
少し風がふき出したベンチに、僕と、おじいさんとおばあさん。

「どちらへお帰りですか?」
と、二人。

僕は、帰路の方向を指差した。

「お二人はどちらへ?」
お返しに、僕は尋ねた。


「あちら」
と、おばあさんは真上を指さした。
「あちら」
と、おじいさんは真下を指差した。

そして、二人は、つないでいた手を離し、すっと消えた。


ああ、天国と地獄からのデートか……。


僕は、二人が消えた後、駅員さんに自分の帰り道を確認しに行った。


帰り道をまちがわないように……。



















<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。

コメント

お盆に天国と地獄から戻ってデート・・・
変にロマンを感じます(~_~;)
覆水盆に返らずと言いますが、あの世からの復縁は盆に帰って来ますね(意味不明)

まっちゃんさんへ

bom(まったく意味不明)

これも好きなエントリーのひとつ

かめさんへ

いつも帰り道を間違えていますから(笑)
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク