今日はゲストにシャンソン歌手 「玉田さかえさん」を迎えてインタビュー

今日はゲストにシャンソン歌手 玉田さかえさんを迎えてインタビュー
(このブログを(なわない)音楽、演ってる人に貸出しします)




20110804lineー520110804lineー5



tama20110816-1.jpg

オープニング2(字なし)gif

<今日は、特別番組>

シャンソン歌手 

「玉田さかえ」さんの

インタビューを、おとどけしまーす。


20110804lineー520110804lineー5



CDもユーチューブもいらない。

なわ
「せっかくミュージシャン紹介のコーナーを作ったので、出来れば玉田さかえさんの動画も載せたかったのですが……」
玉田
「生のステージが私の基本なんです。CDはお金さえかければいくらでも出来る。ユーチューブなどの動画も作るのは簡単。でも、私が大切にしたいのは、今、そこにいらっしゃるお客様なんです。ステージだから感じることの出来る空気感のようなものが私にとって一番大切なんです。」


なわ
「二次元では伝わらないと?」
玉田
「そう、ステージに立つとお客様の「気配」が伝わってくるんです。お客様は気がつかないかもしれませんが、『来たな!』 って感じが伝わってくるんですよ。もちろんその逆の、あらっ来ないって時もありますけれど(笑)」


なわ
「ステージに上がる前は緊張する方ですか?」
玉田
「ええ、いつも緊張感を持って出ます。ただ、昔に比べて張り詰めたような、いっぱいいっぱいの状態ではなくなりましたね。そう、80%でステージに上がって120%が出せればいいな~みたいな(笑)」


銀巴里がきっかけで……

なわ
「なぜシャンソンを選んだのですか?」
玉田
「もともと唄が大好きで、それこそみかん箱の上に乗って、いろんな歌を唄うような子供でした。でも歌手になるなんて、思ってもいなかった。シャンソンを始めたきっかけは「銀巴里」 に連れて行かれて、生のバンドで歌を聞いた時。どう言っていいか、そう、琴線に触れた、そんな感じですね。そしてそれから、十年間も銀巴里に通っていろんなシャンソンを聞いて、そこから歌い始めました。(笑)」


なわ
「もし、そのみかん箱がパンクロックの箱だったらロック歌手になっていたとか?」
玉田
「そうかもしれませんね(笑)いいえ、やっぱりシャンソンかな(大笑)」


なわ
「基礎練習は?」
玉田
「もともとボイストレーナーなどにもついたことはありませんし、練習もあまり(小声)です。好きな歌手の歌を何度も何度も聞いて自分流に仕上げていく~って感じかな。そうそう、それから、シャンソンと言うと『語り』のイメージが強いですが、私は音楽の要素として『Time』がとても大切だと思っています。ただ語るのではなく、音符どおりでもなく、『onTime』がわかっていてこそ、崩すこともできる。曲の中にある『Time感』を大事にしています。」



たま20110817-1



なわ
「失礼な話かもしれませんが、ステージ上での玉田さかえはどちらかと言うと近寄りがたくてスターの雰囲気がむんむんするのですが、こうやって話をすれば本当にざっくばらんな方ですね」
玉田
「(笑)私、歌手としては失格なのかもしれません。だって、スタースターって感じで、のしあがっていくタイプでもないし~。でも、ステージに上がったらやっぱり……」(突如、やはりスターの雰囲気になる)


自分の天性を見極めることも必要

なわ
「長い間お付き合いいただきありがとうございます。さて、このミュージシャン紹介のコーナーにこれから多くのアマチュアミュージシャンが登場してきますが、そんな方々に一言おねがいいたします」
玉田
「厳しい言い方かもしれませんが……。プロの道はとても狭くて本当に厳しいです。まず、自分を見極められるかどうかが大切かもしれません。プロとしてやっていける「センス」があるのかどうか?もちろん「センス」を磨く努力も大切ですが、持って生まれたものに、どうしようもないものもあります。向き不向きがあることを理解する必要があるかもしれません。でも、音楽が好きであれば、プロとかアマとか拘らず、できれば、ずっ~と続けてほしい。私も売れない歌手でずっ~と歌い続けますから。」


20110804lineー5


インタビューを終えて……。

僕は、玉田さんの生のステージを何度か見に行ったことがありますが、それはそれは威風堂々、さあ、私の唄についていらっしゃい。そんな感じ。ところがこうやって普段着でお話をされる玉田さんは、まるで別人のようにあっけらかんとした「楽しいおばさま」。
そのことを伝えると、「どちらも私」「めりはりも必要ですよね」との事。これもやはりプロの条件かな。

そうそう、最後にもうひとつ、お聞きをしました。

なわ
「ステージでは、すごーい色気を出されますよね」
玉田
「色気を出すって、すごく難しいんですよ。色気を出そう出そうと思うと変にいやらしくなる。
けれど、品のいいいやらしさも、ステージには必要なんですよ!」


そうか、なるほど!
まさにプロの一言。

うーん、
僕は、玉田さかえさんの「品のいい いやらしさ」に惚れてるわけか……。


20110804lineー520110804lineー5



エンディング1(字なし)gif
       <イラストbyコミ>

どうでしたか? 一流のプロのお言葉!
ぜひ、玉田さんのライブを、見に?いや、聞きに?いや、体感かな……しに行って下さいな。

さて、次回は「The疾風怒濤」さんを予定しています。

また、来てね!!



20110804lineー5

「うちも紹介しろ!」
そんなミュージシャンの方へ!


「このブログ(なわない)をミュージシャンの方々に貸出し、しようかなと思います」←よくお読みください。
のコメント欄に必要事項を書いて送ってくださいな。

少し時間はかかるかもしれませんが、順次掲載させていただきます。

大した力になれるかどうかはわかりませんが、いろんな人の発表の場になればいいなと思っています。

たくさんのご連絡、お待ちしています。

なわない


これまでの出演者はこちらです。←


<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。

コメント

拍手~!

根岸線のシートに座って、ケータイ開けて、きょうもおんなじ電車で帰る
くたびれてるのに、帰宅後の用事でアタマ痛い…

毎日繰り返す平凡な時間が
ひととき、上質な時間になりましてん

玉田さん、おおきにさんです
いつか必ず、ステージ拝見したいと思います

こみさんも、ネクタイ替えて登場やね
なんやダンディー中野みたいやね

まずはこの企画のスタートを祝しまして
乾杯~


かめさんへ

かめさんが電車に揺られている光景が見える名コメントでありました。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク