「死んじゃった東谷へ……」

「死んじゃった東谷へ」

君は僕の近くに居ると思うよ。

よく、先祖を敬いなさいとか言うけれど、あんまり死んだ人の事を思ったりはしなかったけれど、すぐそこに居た東谷が死んだから、先祖を敬うって言うのは、こんな感じかなと思う。多分、東谷も逆にそう思っているかもれない。自分が敬われる立場なのかと……。おくやみなどない。死んだだけだ。君はまだここに居る。死んだだけでここに居る。いつものいいかげんさとか、そのくせ、変にがんばりやさんだとか、そして、僕の事を大切にしていてくれたけれど、そのしぐさを見せない所とか、全部ここに居る。

僕は最後の方、君を大切にしなかった。まさか君がそんなにしんどいは思っていなかったから、辛くあたった。でも「ふんっ」と普通に居た。そんないろんな東谷が僕には居る。いまさら君に書いても何にもならないけど、僕はここに居て、君も居る。

ところでお前、天国か?(笑)

近くに居ても、ちょっと僕と君との場所が違うのが、変だよな。

その天国は僕は知らないし、まだ、知りたくないから、僕はこれから君の事を思うだけにする。
これ以上、何を書いていいかわからないけれど、お前はお前で、そっちの世界で頑張ってくれ!

僕もがんばるから!



PS
闘病生活ご苦労さま。

コメント

東谷さん、( ; ; )
お会いしたことないですし、見ず知らずですし、通りすがりに見ただけですが。
かけがえのない方だったのですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク