「あしたのわたし手帳」

「あしたのわたし手帳」

いきなり寒くなって来て、もうすぐ12月。

そろそろ恒例の「手帳えらび」

毎年、この頃には本屋さんや文房具屋さんに行って、あれこれ選びますが、毎年代わりばえのしない物ばかり。

何か、今の僕にふさわしい手帳はないものかと考えていたら、発明しました。

「あしたのわたし手帳」

普通の手帳は、決まったスケジュールや今日の出来事などを書きますが、
「あしたのわたし手帳」は、そんな事は書けません。
望みだけが書けるのです。

例えば、「明日、風邪が直りますように」だとか「○月○日はだれだれさんのお誕生日なので、おめでとうプレゼントを渡せる自分になっておきたい」だとか、そんな自分の思いだけを書く手帳です。

「思い」と言うものは、思わなければ次に繋がらないもの。
でも刹那で消えてしまいます。
そんな思いを「あしたのわたしの手帳」に書き込んでおけば、ちょいと「念力」?も強くなるかな、そんな手帳。

でも、あんまりたくさん書き込むと、しんどくなるので、あまりたくさん書けないのも、この「あしたのわたし手帳」のいいところ(笑)

ちなみに、僕がそんな手帳があったなら、毎日
「家内安全」
あら、べたか……。

おまけ
よく考えると「あしたへわたす手帳」かな?



コメント

ですよね

小栗栖豊和さんへ

んと、そうですね。

よう聞く話しに

書くと現実化するて言います
受験生が『合格』『必勝』て書いてお部屋に張ったり

『力必達』『心技体』て書いた旗や横断幕を、柔道の試合場に飾ったり

字ぃがおっきかったり、媒体の種類によっては、かなりの手間隙やお金もかかる

手帳に小さな文字で書き込むのすら、億劫なウチは
なんか成就さしたことが、ないような…

かめさんへ

ちょっとしんどくてお休みしていました。
もうそろそろ大丈夫!
ぼちぼちやります。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク