「いらない盲腸」をめぐるリンク

「いらない盲腸」をめぐるリンク

中学1年の時、急にお腹が痛くなって、入院した。
盲腸だった。
早くちょん切ってくれ。
僕は、盲腸なんか、いらないと思った。

ベッドに寝かされ、看護婦さんに、ズボンとパンツを一緒に引き下ろされた。
抵抗した。
「剃ります」と看護婦さん。
そんなにはえてないんです、と、言いたかった。
全然、なければこんな事にならないのに。
僕は、中途半端な毛なんか、いらないと思った。

じょりじょりが始まった。。
女の人にそんな所、触られたことがないので、一気にカチンカチンになった。
この場におよんでチカラ入るなよ。
僕は、そんな元気なんか、いらないと思った。

じょりじょりは続く。
カチンカチンは、カチンカチンカチンぐらいになった。
身体に対抗するには、頭しかない。
難しい数学の方程式や、字画の多い漢字を思い浮かべた。
でも、カチンカチンは一人だちしやがる。
僕は、世の中の勉強は全て、いらないと思った。


そして、その後のことは、僕自身の名誉をかけて、書かない。


羞恥心も見得もカッコよさも、大好きなサッカーも、音楽も、
そして大好きな娘(こ)も、みんな消えてしまえと思った。

もちろん、自分も世の中も、全て消えてしまえと思った。

全ての現実が、いらないと思った。

自分の盲腸をうらやんだ。


中学1年の夏の出来事だった。
……………………………………………………


あれから、ずいぶん経って、僕は大人になった。

今、そんな思い出が、笑い話として書ける歳になった。




「全部消えろ」と思ったあの時のことは、ホントはしっかりと覚えている。






看護婦さんの手の感触。



これまでの人生の中で、最高硬度のカチンカチン。



そして、カチンカチンがカチンでなくなった時の、あの虚脱感。




だもんで、もいちど、もいちど……


ああ、神様、もう一度、僕に盲腸ください……。





この話は、コミさんの続き。
「シッポに巻かれたい」
「スパイシー盲腸」
うーん、うまいなあと言うはなし。
あんまり面白かったんで、その続きです。


でも、僕が書くと、なぜ、助平な話にしかならないんだろう……。


ブログランキングに参加しています。スケベな人だけ
ここ↓をクリックしてください。

アクセス上げよう!!


コメント

チェンジと言って先生にやられそうに為ったのは
私だけ?

うわー、紹介していただいてありがとうございます。
しかしさすがなわないさん、
この体験談にはかないません。
中一ならかちんかちんだろうなあ。
痛いぐらいにかちんかちんだろうなあ。
今からじゃ、味わい半分だろうなあ。

最高硬度

 硬度って聞いたらロビンマスク(キン肉マン)を思い出しました。きっと硬度9のサファイヤぺ○スからは思春期汁がにじんでいたことでしょう。
 いやはや、超人、超人…

カチンカチンじゃなくなったというのは・・・

俺の友達は、盲腸のついでに皮を切ってもらって、一気に大人の階段をかけあがってました、そんなサービスがあんのか!?て思った

どうしても助平ネタになってしまう、なわないさんに拍手。
力の入ったチンで、カチンっすね。

なわないさんのエッチなお話を読んで、僕も盲腸を切りたくなりました。
まだ痛くならないんですが。

オハツです

 ぶんぶと申します。
 ぶんぶが若かりし日。。。
 Dr.からの指示は全剃毛。
 こだわったのは・・・
 肛門周囲の剃毛。
 
 ヒダを広げて・・・

 ・・・。。。

 ぶんぶは剃毛の鬼と言われた看護婦でした。

 今でも自分の身体を剃って快感に浸っておりまする。

 若い男子の剃毛は、

 ジャンケンで勝った看護婦だけに与えられる「お楽しみ」でした。

 うぶなうぶ毛ε=(>ε<) プッー!

              ぶんぶ 

たらー(BLOODさんへ

コメントの意味、分からなくて、結局、友達に聞いて理解しました。
このスケベめ!!
と言いながら、続き!
「眼鏡っこの女医さんにちぇーんじ」

こみさんへ

「なわない」というブログ名を「カチンカチン」に変えようかと思うぐらい「カチンカチン」話が楽しくなってきたなわない。

もし、「あなたのカチンカチンの思い出特集」とか組んだら、乗ってくれますか?

よしきょ(ぴぃたぁぐりん)さんへ

そう思えば、青春は汗と涙と○○○。
確かに青春は「汁」だわ。

こみさんのコメントにも書いたけど、
「あなたのカチンカチンの思い出特集」してみようかなあ?



ハラキリさんへ

昔、有名なコピーで
「ボディービルで包茎を直す」
と言うのがありました。
感動しました。

Marcyさんへ

うまーいコメント!
さすが、勢いあるわ、Marcyさん。

このネタ「カ」で、お互い一本書きましょうか?

コーヒールンバ さんへ

んと、失礼だね!!
これは純文学。

ホントは出だしは、
「遥かかなたの青春を望郷の佇みで木枯らしの咲く頃、スイートピーは木綿のハンカチーフより黄色くて、僕は、ラベンダーの香りのティッシュを一箱使ってしまった」

ああ、やっぱりスケベねたか……

剃毛さんへ、いや、もとへぶんぶさんへ

ぎゃ、強烈なのがやってきた。
明日からが怖い!!

昔から、薄めの毛のなわないより。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク