「あちら」と「あちら」からのお盆

「あちら」と「あちら」からのお盆

夕暮れの田舎の駅。
少し風がふき出したベンチに、僕とおじいさんとおばあさん。

「どちらへお帰りですか?」と、僕に二人。

僕は、帰路の方向を指差した。

「お二人はどちらへ?」
お返しに僕は尋ねた。

「あちら」と、おばあさんは真上を指さした。

「あちら」と、おじいさんは真下を指差した。



そして、二人は、つないでいた手を離し、すっと消えた。





天国地獄からのデートか……。





僕は、二人が消えた後、駅員さんに自分の帰り道を、もう一度確認しに行った。

迷わないように……。


ブログランキングに参加しています。お気に召されたら
ここ↓をクリックしてください。

コメント

ぞっとするけどすっともします

最後の文章も怖いのですが、夫婦でも行き先が違うというところにぞっとしながら、それでも会うことができるところに清涼感を感じました。
うーん、夏にぴったりですね~

遅くなりましたが稚拙な私のブログを紹介していただきありがとうございました(^人^)

なわないさんは、奥様とともに天国でデートなんでしょ?
僕、生きてる間にあの世デートの相手、見つかるかしらん・・・。

ひー。

おりひめ と ひこぼし どころか

ひぃぃっ

なわないさん

迷わず

成仏しなはれ

おや?

なかなか幻想的な内容ですね。

生前、悪い事ばっかりやってたおじいさん、そんなおじいさんに泣かされながらも正しく生きてきたおばあさん。

二人はあの世に行っても互いに思い合って…




解説は中途半端にやめときますわ。v-40

宇宙人と地底人も恋をするんだ。

まるで

七夕のニューバージョンみたいですねぇ。
日ごろ地獄で悔い改めているおじいさんを愛しく思う天国のおばあさん。
もしかしたらおじいさんはおばあさんにひどいことして地獄にいったけどおばあさんはそれを許してるのかなとか想像しちゃいました。
お盆らしい、こわロマンチックな話ですねー。

テレビのCMとか。

プロモーションビデオとかに 使えそうな画像が 想像できます。

浜田あやさんへ

キンチョウみたいな、なわないになりたいです。

コーヒールンバ さんへ

まだまだきっかけはたくさんあるよ!!
コツは「田舎の駅でぼーっと座っていること」
ちょいと違うか……。

かめさんへ

新しい惑星だったけ?
夢は増えるのか、崩れるのか……。

かめさんへ

迷って、たどり着けば、かめ宅。
「かめさん、当分泊めてくれませんか?」

ぴぃたぁぐりんさんへ

ぴぃたぁぐりんさん、ほら、後ろ見て!!
「閻魔様」と「天子様」が中途半端に笑ってる。

Marcyさんへ

あのねえ……。んとに……。(笑)

うちのアホ妻が「このコメントヒット」と笑ってました。

あんまりあほらしいので「宇宙人と地底人の恋」
どこかで使わせていただいます。





ゆきちさんへ

うわああ、ストーリー膨らませてくれてありがとうございます。
アホなコメント書きたちに惑わされずに、これからもまっとうなコメントくださいね。

かめさんへ

そして、かめさんのありがたいコメント。
ショートを書くとき、必ず「絵」も意識している、なわないです。
(おじいさん、おばあさんの頭には、蛍光灯の輪っかつき)
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク