スーパーマンが「公衆電話型クーラー」発明し、銭儲け!

スーパーマンが「公衆電話型クーラー」発明し、銭儲け!

スーパーマンが、僕の家に来て、太い葉巻を吸って、椅子に踏ん反り返っている。

「どうしたんだ、スーパーマン?万引きでも捕まえたのか?」
「そんな、チンケな話じゃねえよ、ははは」
笑う口から、高価そうな金歯が光っている。

「何だか羽振りがよさそうだな」
「あんたのおかげだよ、なわないさん。銭儲けを、はじめやした」

以前来た時、スーパーマンはこういって嘆いていた。<前回のお話はこちら>
「携帯電話のおかげで公衆電話がなくなった。そのため、着替える場所がなくなった。
したがって、スーパーマンとして活躍が出来なくなった」


「で、ゆっくり考え直したんですよ」

スーパーマンは続ける。
「公衆電話の需要がないのは仕方がない。しかし、あの箱を、私が着替えが出来る箱を、
何とか今までのように、設置しておけないか?そして、はたと思いついたんですよ」

ええ、それが、
「公衆電話型クーラー」


「公衆電話型クーラー?」
僕はスーパーマンに聞きなおす。

「そうすよ、100円入れてボックスに入ると、
クーラーがんがん。汗すっきり。もちろん電話機なんか、入ってねえ」

「今日なんて、都内は36℃もあるでしょ。
昨日、石原知事に会って、この話をしたら
『1,000箱、一気に導入してくれ』てさ、気前のいいやつだよ」

なるほど、
このくそ暑い中、100円で涼しくなれる。
熱中症で倒れる人が助かる。

スーパーマンが胸を張って、いつものポーズをとる。
「ふふふ、おまけに、私の着替えの場所もちゃんと元通り確保できる、というわけでさあ。
今までどおり、世界をまたに駆けて活躍が出来て、暑くて倒れそうな人を助けて、
なおかつ、銭儲けが出来る。

一石三鳥って言うのは、このことでさあ。
そうそう、すでに暑い系宇宙のあちこちからも、儲け話が……」


ううん、さすが、スーパーマン。
なかなか頭も切れるじゃないか……。

しかし、ヒーローが銭儲けをするのは、いかがなものか……。


まあ、銭儲けをするのは人それぞれだが、彼の新調のユニフォームを見て
センスは、あまりよくないと思った。



















super100






ブログランキングに参加しています。お気に召されたら
ここ↓をクリックしてください。




コメント

どっかの映画館で売ってたの…?

もう、ヒーローとはいえないなぁ。

んー?今の日本の若者にはウケそうじゃないっすか?
僕は買いませんけどね(笑)

かめさんへ

自分でつむぎました。

ぴぃたぁぐりんさんへ

代謝かなあ。

コーヒールンバさんへ

買うものではなくあざ笑うものと思います。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク