上手く唄う方法

上手く唄う方法

昨日に続き、玉田さかえさん(プロのシャンソン歌手)のお話。

その玉田さんに、ちょいとお話をする機会があったので、
単刀直入に「上手く唄う方法」を聞いてみました。
答えはいたってシンプル。

「数」(練習数)

まあ、当たり前の答えですが、プロといえども才能だけではなく、やはり努力なんですねえ。
ちなみに新曲は最低100回以上練習してから、ステージで披露するとのこと。
(気が遠くなりました)

ついでに他の「上手く唄う方法」も聞いてみました。
●歌詞を理解する。身体にしみこむまでよく読む。
●無理やり感情を込めても伝わらない。聞く側の取り方は様々。
なるほどねえ……。

そう言われれば、正反対の僕。
×練習してこずに、
×うろ覚えの歌詞で
×思いっきりメリハリを無理やりつける。

そりゃ、いつまでたっても上手くならないわ……。



<おまけ>
dokidoki

えらいこっちゃ、その玉田さんとラストにデュエットすることになっちまった。
曲はブルーハーツの「too much pain 」
ああ、もう心臓がtoo much painだぞ!!
ブログランキング「プロに負けるな!と励ましてくれる人は」
ここ↓をクリックしてください。






<すぐに遊べる簡単無料登録>

コメント

自分によく言い聞かせますヾ(-_-;)
練習キライなんですよね~

マトリックスみたいに、後頭部にプラグ
刺せば覚えるなんて、夢のマシーン無いですかね(w

へたくそピアノ弾いてたころは

練習始めたら 5時間くらいすぐたってしまいます。音楽コースとか専門ではない フツーの高校生・短大生でしたし、祖父母がめが次々病気して、遠距離介護に追われる母がめに代わって家事を預かってましたよって、ピアノなんかみたいな感じでゆわれて、練習出来ないのが辛かった…

コーヒールンバはんにでも

救急蘇生法の手ほどきをお願いして。

心臓が too mach pagnなら。

すごーい!
プロと共演ですね☆
シャンソンは一度だけ観に行った事が
あります。
シャンパンを飲む会みたいなイメージ
でした。

たらーさんへ

ほら、歌詞って、いきなり飛ぶんですよねえ、やっぱ数かなあ。

かめさんへ

その反対で、実はわたくし、5歳の頃から、おバイオリンをお習いさせられておりましたの。
(辛くて辛くて死にそうでした)

かめさんへ

どこもかしこもカチンカチンだ!!!

m.m.oさんへ

電子レンジで解凍してもらわなくてはならないほどカチンカチンだ!!

(-.-)y-~ほーお

カチンカチン… どこもかしこも とな。

かめさんへ

●チン●チンなんかカ●ンカ●ンだぞ!!

こんな話で恐縮ですm(__)m

子がめ②が バンドに誘われ 生まれて初めて 楽器を弾き始めました(幼稚園~中学の縦笛・ハーモニカは 『演奏』にまで至りませんで)

ちょっとイイ感じの音が奴の部屋から聞こえるようになりました。
しかし 弾いているものが三味線ではないことに気づいて、ガックリしました。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク