「ババンビーズの話」を映画化したいんです。

「ババンビーズの話」を映画化したいんです。
<活動報告を最下部に載せています>

「お前バカじゃない」とか、「調子に乗ってるんじゃない」
とか、言われるかもしれませんが、

僕は、ババンビーズの話を映画化したいんです。

………………………………………………………………

「ただのおばさん達がロックバンドを作った」という、
ババンビーズの初めのシリーズを書いてから、半年。
そして、今回のシリーズを書いてから、ほぼ半月。
前の時も、今回も、ずっとずっと、白馬に乗って、やってくる映画監督を待ち続けていました。
もちろん、今日もやって来ませんでした。

でも、待つにつれ、どんどん映画化したい気持ちが膨らんできました。

このあいだ、親しくさせてもらっている「小杉なんぎ」さんに電話をしました。
(「バッティングセンターで球を見送っている(単行本)」ほか、新聞やコミックの連載を多数持ってるなんでも書き。これまでの掲載量は、それはすごい)

「あのね、僕ね、あの、ブログ、映画化したいんだけど……」
それに対して、答えはいたって簡単でした。
「僕は映画じゃないけど、初めの頃はバカほど出版社へ持ち込みしましたよ(以下大量に略)」

そうか、そりゃそうだ。

超有名人が書いたものでもなく、天才ブロガーが書いたものでもない、
だだの僕のブログを一体どんな映画監督が映画化してくれるもんか!

………………………………………………………………

小杉さんの、淡々とした努力の話の反対に、
「ババンビーズの話、面白かったです」と書いてくれたコメントに、こっそりと、
「ほんとは映画化したいでーす」みたいなかっこ悪さ半分、おちゃらけ半分コメント返して、
で、何がえらそうに映画化だ。
自分のこのブログにすら、堂々と「映画化したい宣言」できないくせに……。

そう、思ったんです。

だから、まず、恥も外聞のなく
「ババンビーズのシリーズを映画化する!」宣言をします。


多分、確率は、今はゼロだと思います。
だから、もう「あわよくば」は、やめました。

ゼロの確立を上げる努力をしてみます。
で、それでだめだったら、それはそれでしょうがないこと。
すっきりします。

………………………………………………………………

もし、僕のこの勝手な気持ちに、賛同いただけるなら、協力を下さい。

例えば、
「ひそかに見守る応援部隊」
でも、
「近所の人に宣伝してやる」
でも、
「よっしゃ、10億出してやろう」
まあ、それはないか(笑)
「映画会社に知り合いは居るけど、これじゃねえ」
そんな、厳しい批判でもかまいません、次に進むことができる。

………………………………………………………………

ブログを始めた頃、もうちょっとアクセス上がればなあ、から始まって、
今は、どうしてもそんな気持ちになってしまいました。
小杉さんのストレートな話を聞いて、認められたい気持ちがあるのに、
カッコをつけている自分をやめることにしました。

まず、第一歩として、
一昨日、昨日と、映画会社そして、関係ありそうなメディアにメールを送りました。
(もちろん、まだ返事はありません)

進展があれば、その都度、報告をします。

頑張ってみます。

なわないより
最後まで読んでくれた方へ、身勝手な話ですみません。

これ↓を映画化したいです。
●うちの奥さんがおばさんロックバンド作った。
●たのしいはうれしいパーティー報告



ブログランキング
「よっしゃ、がんばれ」と励ましてくれる方は、
ここをクリックしてください

   ↓


こちらは↓「でかいランキング」
えーい、この際、こちらにも挑戦だ。
人気blogランキング


<営業活動報告集>(★は僕 ●は相手先からの連絡)

<2006年12月24日(日)>
★映画関係中心に「売り込みメール」送信(約20)

<2006年12月26日(火)>
●幻冬舎より「メールでの受付は不可。『幻冬舎アウトロー大賞』に持ち込み原稿をしてください」とメールあり。
『幻冬舎アウトロー大賞』とはなんぞやと調べたら、団鬼六『花と蛇』『真剣師 小池重明』、沼正三『家畜人ヤプー』、浅田次郎『極道放浪記』うわー、こりゃすごい面々だわ。けれど、「ババンビーズ」とは雰囲気が違いすぎる。断念。残念。

●MEDIA FACTORYより、「応募原稿を郵送で送ってください」とメールあり。そうかあ、メールでほれ見てくれというような甘い世界じゃないんだ。
でも、どうやって、ブログを原稿にすればいいんだろう。

<2006年12月27日(水)>
★こんな突拍子もない話なので、多分相手にされないと思ってたけど、コメントが届いたぞ。
・こみさん、応援、ありがとう。
・てつやさん、そうか、そういう手があったか!さっそく調べて送ってみます。ただ、ビデオの編集だわ。こりゃ困った。
・ハラキリさん、お手伝い志願ありがとう。
・たらーさん、ありがと。その人(映画監督志望)早く、捕まえて来て下さい。

よーし、ちょっと元気になったぞ!

2006年12月28日(木)
●この度は貴重なご提案を頂き誠にありがとうございました。
誠に残念ではございますが、弊社の映像製作に関しましては、現行では出版/流通を前提とした作品を原作として出版社と協議していく方法が主流の業務形態となっております。
従いまして、この度のご提案に対して映像化を企画いたしますのは困難な状況でございます。
甚だ失礼なご回答とは存じますが、何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
<東宝株式会社映画調整部>

★うーん、また断られた。どうも幸先がよくない。なんか方法ないか……。
そうだそうだ、「たのみこむ」というサイトがあったっけ。
何でもいいから商品化してくれと頼んで、それに賛同する人がたくさんになれば実際に商品になるやつだ。
さっそく見てみたら、「DVD」とかはあるが、「映画化」がない。
まあ、いいか、「たのみこむ」ぞ!!
よし、載った。
「たのみこむ」の、下のほうのリクエストボードの「CD・DVD・VUIDEO」欄の「その他のメディア商品」をクリックすると出てます、出てます。
えへへへへ。
がんがん頼み込んでくださいね。


<2007年1月3日(水)>
「たのみこむ」いまだに0票。
うーん、作戦変更しようか……。

<2007年1月9日(火)>
●お送りいただいた内容は確認・検討させていただきます。よろしくお願いいたします。
角川書店
よし、どうなるか楽しみだ!

「新人賞をとって作家になる! 」の「かつきさん」に原稿を送る。初心忘れるべからずだ。遠回りでもいい、やってみる。

<2007年1月12日(金)>
「かつきさんから書評」が届く。厳しいぞ。

<2008年1月31日(水)>
●かめさんの意見を参考に地元紙の「神戸新聞」に紹介依頼文を送ったけれど何の反応もなし。冷たいぞ神戸新聞。

コメント

行動を起こすってことが大事ですよね。
何もせずに後悔したことが何度あったことか・・・

まったくの一般人がハリウッド女優とのデートに成功するドキュメント映画があるそうですよ。
成せば成る、ですね。
ババンビーズ・ストーリー、
応援しますよー!

あんね

あんね、ブルハの所属のレコード会社に送ったらどうかな~、ビデオと文で、映画にはならんかもやけどなんか反応ありそうなきがするねんけど

おぉ、すげぇことになってますね!映画化する前にまずは本として売り出さないといけない、ってことなんですよね?絵コンテ形式じゃないだろうし・・公募ガイドとか見てがんばってください、なんか手伝えたら手伝いますよ

こみさんへ

絶対頑張る。
応援ありがと。
ありゃ、今日のこみさんのコメント、いつものスケベコメントじゃなく、真面目なコメントだわ。

てつやさんへ

なるほど、そういう手もあるか。
さっそく実行してみます。
コメントありがと。

ハラキリさんへ

うわーい、お手伝いだなんておそれおおい。
今のうちに役柄決めておいてくださいな。

楽しみですねぇ~
始めの一歩、頑張ってください
応援させていただきますよ~

実は昔、映画撮ったことあるんですよ(w

監督志望のやつがいて、その世界に入る前に
なんか、素人っぽいものを残したい!
って言い出して
海行ったり、近所で指差されながら
撮影したりで(w

懐かしい事、思い出しました(w

BLOODSHEDのプロモーション
作る話をしていたんですが、そーいえば
どーなったんだろ?

ほぼ、連絡取れないやつなんですが、
会ったら、映画作るにはどーすれば良いか、聞いてみます。

たらーさんへ

ありがと。
続き、楽しみに待ってます。

読んで興奮しました。
時々見に来ますがなわないさんはすなおですね。
今は「ひそかに見守る」ですが、応援します。がんばれ

やっぱ、まずはメンバー全員に「リンダリンダリンダ」を見せるところからはじめようか

よねさんへ

いいですいいです。お守りになってください。ありがとう。

ハラキリさんへ

僕以外全員見ているそうです。
どんな反応だったかというと
「みんな見たの」
「ウンダウンダ」
年寄りばかりです。

ケータイからは一部しか

へええっ!『たのみごと』!
こんなサイトもあるんですねぇ。

応援しています。見たらたくさんの人が 元気になると思うから…

ババンビーズ??_
映画化ですかぁ★

バンドをするおばさまのお話?

かめさんへ

応援、ありがとう。
もし、映画化になったら、ほんとに元気になるのにしたいと思います。
監督はだれがいいかなあ?

えみりんさんへ

なまめかしい熟女たちが夜な夜なロックを奏で踊るのです。
そんな映画を作りたいのです。
ぜひ、応援してください。

なわないさん!スゴイ!!
私たちがあの「リンダリンダリンダ」みたいになるなんて~・・・・!
私、ベーシストと一緒に観にいきましたよ、あの映画。
わ~い!私の役は誰にしてもらいたいか考えるから。また楽しみ増えましたネ。 

ババンビーズのメンバーですさんへ

本当に映画化したいんです。
ほんとにしたいんです、
そのために、賛同してくれたらうれしいです。
次、まだまだやってみますけれど、どうも今のところ、いまいち。
はああ、でも頑張る!!

わぁすごい!!
ここから先は私のピン!と浮かんだ案ですが・・・

もし映画化を最後の目標にするなら、
①「鬼嫁日記」みたいにブログ→TVドラマ化があるんだから、TV製作会社に言ってみるのはどうですか??
もし、TV化されて評判になったら映画化になるし♪(大奥とかみたいに)
②ブログを本にしてそこから映画やドラマへ・・・とか・・・
この二つは回りくどいかもしれないですが、いきなり映画制作者へ依頼するよりも話を聞いてもらえると思います。

なにわともあれファイトです♪

しっぽとぽっぽさんへ

そうか、まず順序か……。
ちょっと急ぎすぎの気もたしかにあるなあ。
よし、年が明けたら、「書籍化」からはじめてみよう。
ありがとう。

すっかりご無沙汰してしまっている間に、なんと大きな夢が広がっていました!
是非とも来年、夢が実現しますよう、お祈りしています。
おさぼりしていた間のいっぱ~~いの記事、ボチボチとさかのぼって読ませていただきます。
来年も、よろしくお願いいたします。
良いお年を~♪

さっちさんへ

えへへ、やるからにはとことんがんばってみます。

あけましておめでとうございます

たのみこんでみました。

で、私はなんの役で出演するんでしたっけ。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク