「かつきさん」から書評

新人賞をとって作家になる !の「かつきさん」から先日送った、僕の原稿の書評が届きました。
かなり厳しいですが、的確です。
本人に了解を得て、全文を掲載します。  



書評「なわないさん四部作」
 四部作をとおしたタイトルがないようですので、便宜上、「なわないさん四部作」と呼ばせていただく失礼をお許しください。
 なわないさんがどのようなお気持ちでこの作品を送ってこられたかは理解しています。けれど、その上で厳しいことを書かせてください。
 まずプロの作家を志していらっしゃいますから、活字とネットとケータイでは、取り扱うべきテーマや文体、文章の作り方、セリフの長短などに向き不向きがあることは、ご理解されていると思います。本作品はブログの作品なので、商業誌の小説とは小説作法も文体も文章の作り方も全く違います。そして毎日のように更新されるライブ感やライト感覚など、ブログ特有の雰囲気が作品の追い風になっているのもおわかりになっていらっしゃると思います。またブログは簡単に文字の装飾ができ、空間を作る表現などが可能です。表現力、描写力よりも、イラストレーションに似た才能が人気ブログになるには必要です。
 これらの作品をブログで読めばおもしろいでしょうし、毎日訪れるファンもできるでしょう。実際、なわないさんのブログには「みんなを巻き込んでやる」というパワーを感じます。
 しかし活字となると難しいものを感じます。
 まずご本人がどんなものを書いていきたいか、あるいは何を持っているのか、そのへんの判断は出来ませんでした。
 ブログですと実体験に基づいたものというのが前提で、本作品でもそのような話が多いなか、フィクションを見つけるのが難しい。そしてフィクションをどこまでご本人が作り広げたものかがわかりにくいのです。
 唯一長い「ババンビーズ」にしても、途中で語り手の視点を変えるほどの話ではなく、また文章力が優れているとも思えませんでした。さらにバンドメンバーの個性など、小説として表現するべき人物描写が抜けています。ただネタのおもしろさだけです。そうなんです。ブログの作品はネタでほぼ決まるんです。
 また作品のなかには、意味のとりにくいものもあります。短編であるのに、訴えたいこととエピソードはいいのに一文が余計だったりするものもあります(「ほ」二一ページ「いておかえり」など)。短い文章でスパッと真意が伝わらないのは作家として厳しいものを感じます。文章力としては、それほど高くは評価できません。どんな媒体、ジャンルを目指すにしても、文章修行の必要性を感じました。
 ただ着眼点の良さを感じる作品はあります。例えば「ほ」一六ページの作品「実りの無かった出張の、帰りのタクシーの中で」などは、なるほどツアー旅行と仕事でも地元の人間との触れ合うことのできる旅の差を気づかせてもらえます。また、「かみなりこぞうの涙」(「ほ」一四ページ)などです。ただこの「かみなり小僧の涙」は視点のずれがありますので、ブログでは意味がとれますが、活字の小説では文章力が通用しません。
「ババンビーズ」に関して言えば、これくらい書ける人は世の中にたくさんいるのは確かなことです。しかし、このくらいでエッセイスト(ノンフィクションライター)として本を一、二冊出している人も存在するのも確かです。
 おそらくこのことが、ここのラインにいらっしゃるなわないさんが物書きへの夢を捨てきれない理由の一つではないでしょうか。
しかし今の時点で、また本作品で、作家としての力量――物語構築力、人物造形、ストーリーテイリング、描写力、表現力――を評価するのは難しいです。
 もしもこれが限界とすれば「作家」ではなく「物書き」を目指すしかありません。ただ「物書き」への道は老若男女を問わず、誰にとっても険しいでしょう。



以上、書評の全文です。
「かつきさん」丁寧な書評、ありがとうございました。
へこたれませんから!!

ブログランキング
<くじけずがんばります!>
   ↓


                    

コメント

なるほど・・・自分も勉強になりました。

あ、それと、ハラキリロマンぶろぐランキングはエロサイトの登録の激しさとなぜか登録してもらったぶろぐがランキングに表示されなくなることから、閉鎖(閉鎖の仕方がわからないので放置)になってます。
ずっと表示してくれてありがたいっす。もうじゅうぶんですので、あのスペースを他のすばらしい何かを貼るためにつかってください、ありがとうございました

ハラキリさんへ

うん。
でも、そんなすばらしいのなんて急にみつからないよ。

ぬぅぅ、厳しい世界ですね。
負けるな、なわないさん!
頑張れ、なわないさん!
厳しい評価を飲み込むのもつらいけど、
それらをこなして糧にして下さい♪
そして嬉しい評価はまんま、受け止めてうはうはになりましょう(笑)

m.m.oさんへ

「くやしい」は「こやしい」

僕もブログやらメルマガやら
最近のネット上では文章力やら、コピーライティングやらのテクニックを磨けば、お金に繋がる
なんて事も考えてみたりはしています。
が、最近、気付くのは、本気でウケる文章は作者のアツイものが伝わるか?
に、行き着く気がしています。
メルマガアフィリエイトで100万売ってる人たちの文章も、文章力なんてないんですが、読ませるエネルギーは作者のアツイ想いに集約されている気がします。
そこにはヘタなテクニックなんかよりも、「いい物なんだから、みんな聞いてくれ!」
昔、音楽やってましたけど、
いいバンドには勢いがある。
それに通じる感覚なんですね。
小手先のテクに走るより
熱く語る想いがあれば、なわないさんの想いが通じる人が増えると思います。
批評家の意見は参考に留めて
迷わず、自分のメッセージを
表現なさって下さい。

のぶじぃさんへ

のぶじぃさんもバンドやってたみたいですね。そのとおり、下手でもチカラあれば伝わりますよね。
この助言ありがたくいただきます。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク