LINE6 POD XT LIVE 使用記 その6

LINE6 POD XT LIVE 使用記 その6
これまでのXTLIVE関係の記事はこちらからどうぞ←

僕の練習方法

今日は直接LINE6 POD XT LIVEの話ではなく、普段の僕の練習の方法をご紹介。

1、まず、レコーダー内臓のリズムボックスででリズムを決めます。(種類と速さ)
2、リズムに合わせて、曲のコードのみをエフェクトなしのギター音で録音。(1チャンネル使用)
3、続いて、鼻歌程度の歌を録音。(2チャンネル目使用)
4、同じくギターソロ(こちらもエフェクトなし)を録音。(3チャンネル目使用)
そして、2~3を繰り返し、徐々に音と演奏精度を上げていきます。

簡単に言うと、リズムに合わせ、荒く録音をしておいて、どんどん、オーバーライトをしていくやり方です。
こういうパターンで練習をすると、
●「曲のリズムが身体に染みこむ」
●「エフェクトのかけ方の練習になる」
●「リズムギター、歌、ソロを順番に録音していくので練習が偏らない」わけです。

そして、たまに気に入ったテイクは、バーチャルのチャンネルに保存。
時々、聞いてみて今の自分の演奏の違いを確認にしています。


d41087
<D4>

今、使っているレコーダーはコルグのデジタル・レコーダー「D4」。
むちゃくちゃ小さくて軽いです。
音はイマイチですが、家で軽く練習するには十分。
欠点はデータが「MP2」であること。
(FC2などのブログにはこのままアップできません)
このレコーダーにもエフェクト機能はありますが、これは使えません。
もちろん、愛器「XT LIVE」に頑張ってもらっています。


ブログランキング
<もっと音楽の記事を書けという人はここを連打!>








コメント

非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク