「神戸ポートタワー」僕とおかんと、ドキドキおとん(その2)

「神戸ポートタワー」僕とおかんと、ドキドキおとん(その2)
「僕とおかんとドキドキおとん」シリーズはこちら

僕の家は駄菓子屋でした。(地震でつぶれましたが)

僕は、けっこう店(駄菓子屋)の手伝いをしました。

店には、食パンを切る機械がありました。(スライサーと言います)

僕はその機械で、自分の指を切っちゃいました。

すぱっつ
びしゅ
ぎゃ。

そんな感じ。

おかんが飛んで来ました。

すごい顔でした。

そして、おかんは……

おかんは……
おかんは……
おかんは……

真っ赤に染まった、
食パンを後ろに捨てて、
スライサーの、
丸い歯に飛び散った、
僕の血を、
ゾウキンで拭いて、
新しい、食パンを切って、お客さんに差出しました。

「おまちどうさん」

お客さんは逃げました。

その日は、生真面目なおとんは居ませんでした。
居なくてよかったと思います。

僕はそんな家で育ちました。



ブログランキング
<指は手術でつながったけれど……>


コメント

なわないオカンさん・・・確かに迫力ありますねw(゚o゚)w

指が無事で良かったですね(´▽`) ホッ

ひゃー!えーぐーいー。

指どんだけスパッといったんですか?いやそうじゃなくておかんすごいなw

稀に見ぬ商売根性w

ひー
「つながった」ってことは、
いったん離れたの?
うわー痛いーこわいー

オカン、すごいっす。
でも、リリー・フランキーより島田洋七ではないですか。

すごい、肝ったまかあちゃんです♪(笑)
いやぁ、この母にこの息子です(笑)

まっちゃんさんへ

おかん、これ見てどう思ってるだろう。ああこわ。

りんぐさんへ

まだ、傷残ってます。

こみさんへ

指がぺろんとなりました。

m.m.oさんへ

だから、僕はこうしてまっとうに育ちました。

よくつながりましたねぇ。よかった~

オンナは こんなとき 肝が座ってますから…

子がめが 自転車で転倒して 前歯7本折って帰ってきたとき。


あわてふためきわめきさわぐ夫がめをよそに まず口の中を確認し。

横浜の救急医療やと 20km以上離れた医療機関を なにげに案内されてまうので。

近隣の横須賀で救急を探して、連れていきました。


(うちはクルマないし、ヨコハマは地形が複雑なので、地図上の距離より遠くなる)

まあ スライサーの血を ふきとって パン切って出されたんは お母様なりの 慌てようやったと思いますねんけど…

そいで。

おかげさんで。


7本のうち 歯茎にすっぽり刺さった4本を お医者さんが引きずりだして植えなおし、ちょい曲がったけど生着しました=^ェ^=

ちょっとちょっと~、ゆ、指は繋がってたの?
押さえる指の方? それとも弾く指の方?

おかあさん…凄いですね。
そういえば、JU○COのトイレで2人の主婦の話を立ち聞き(座り聞き?)したことがあるのですが。

「旦那のいびきがとまったら、足元をパーン!て蹴ったげるねん。そしたらいびきが戻ってくる。無呼吸やと危ないしね」という話に、結婚して子どもを持った女性の凄みが出てるな…とちょっと怖くなったことがありました。

かめさんへ

そうですよねえ、いざと言う時は女の人の方がたくましい。

編集のヤギさんへ

反対かと思った。(イビキがうるさいので足を蹴る)
そういう意味ではやさしいおばはんだ。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク