「神戸ポートタワー」僕とおかんと、ドキドキおとん(その6)

「神戸ポートタワー」僕とおかんと、ドキドキおとん(その6)
「僕とおかんとドキドキおとん」シリーズはこちら

「コギツネコンコンおもらし狂想曲」

実は僕は、5歳の頃からバイオリンを習っていた。
しかし、今はまったく弾けない。
<バイオリンを習った理由は、昨日のお話を!>


初めてのステージデビューは「御影公会堂」だった。
(今はよくテレビでも紹介されている「オムライス」で有名な、あの由緒ある公会堂だ)

omu2999
<歴史があるオムライスです>



今日の話は、結論から書くと、
「初舞台でおしっこをちびった」という、しょーむない話し。



ステージデビューの僕は、当然、緊張する。
しょんべんがしたくなる。
本番5分前。
5歳の子供は便所に走る。

豪華な「御影公会堂」の便所は、広くて寒かった。

「しょんべん用便器」の高さは、僕のち●ち●位置ではとどかないと、一瞬で判断した。
すかさず個室に飛び込んだ。
(5歳の子供にしては懸命な判断だ)


あらっ。
それは家の便器とは違った。
穴のあいた白い椅子。中に水。



るか、ゃがむか」





僕は「乗る」に賭けた。

白い陶器の上にまたがり、不安定な状態のなか、僕は前のチャックを開けようとした、が、ない。
(おかんが特別に作ってくれた半ズボンには、前のチャックがなかった)
慌てて、ズボンごと降ろしたが、その下には、

それを阻止する、産まれて初めてはいた「タイツ」。


足開きすぎて「タイツ」、降ろせない。
尿道の先まで出かかった、しょんべん。



便器の上で仁王立ちの5歳の子供。

右手にち●ち●。

左手にバイオリン。


そこに、
「何やっとんの、本番やで」おかんの声。
ひきずられて舞台へ。



奏(かな)でるは「コギツネコンコン協奏曲」

弾きだした瞬間、ちょびっともれた。
演奏をやめてトイレにもどるか、このまま続けるか。


ありゃ、また、もれた。


後はもう、どうにでもなれだ。

半ズボンからしたたる、暖かいしょんべん。

「コギツネコンコン」を弾きながら
『よくもまあ、こんなにたくさん出るもんよ』と思ったのを覚えている。

きれいに出し終えて、ブルブルと身震い。と同時に演奏終了。
世界初!しょんべんしながら「コギツネコンコン」
めったに見られぬ光景に、会場は大喝采!割れんばかりの大拍手!


ここに、天才バイオリニストデビュー!!!



ブログランキング
<そして、舞台根性がついた僕>







あら、
読み返して見たら、情けなくなって没にしようかと思った。

コメント

一味違うと大絶賛です。

これがホントの放尿プレイ(奏法なのか、何なのか。)
いや、超絶技巧かな。
イツァーク・パールマンも唖然!

ボツにしなくて正解

もう 『こぎつねこんこん』が 平常心で 聞けないかも…(爆)

昔の親って なんでタイツ穿かせようとしたんでしょうねえ。
懐かしいわ。

耳からだけではなく、
目からも鼻から(!?)も感動させようとするそのサービス精神はこの頃からだったんですねぇ(笑)。
で、最近は、放○プレイは!?(爆)

さすが、なわないさん。
バイオリン界のニョーフェイスだったんですね。

ひでぇw
まぁどうしようもない気持ちともうどうにでもな~れって気持ちは分からんでもないw

野鉄さんへ

味?しょっぱいから、なめたらあかんぜよ。

ぴぃたぁぐりん さんへ

出し尽くしてライブ。
今も続けています。

かめさんへ

あと、なぜか尺八。
ウチの近所では流行ってました。
(エッチな意味ではなく)

八咫烏さんへ

世間にほうちプレーされてます。
とほほ。
なんか、いいことあったら教えてくださいよ。

こみさんへ

今、さんじゅっぷんけいか。

こみさんのコメント返しに。

>さすが、なわないさん。
バイオリン界のニョーフェイスだったんですね。

よんじゅっぷんけいか。

うーん。うーん。
うーん。うーん。

そして、ごじゅっぷんけいか。

うーん。うーん。
うーん。うーん。

いいかんじのがでない。

くやしいが、この辺でギャグ。


便所で僕がコメント返す顔想像してよ

「うーんフェイス」

ああ、つらいコメント返しだわ。






りんぐさんへ

あの当時はお尻の穴は、しっかり。
オち●ちんの騒ぎではなく、そういう場面だったら、もっとたいへんだったと思います。

恥じ。

こみさん←→なわないさん

ニョーフェイス
う~んフェイス

4日目にして やっと理解できました。

べ☆ぴ解消(滅多にならないので 実はよくわからない)した気分ー

かめさんへ

こみさんって、言葉遊びがとても上手くて、時々、やられてしまいます。

うちも浦島太郎やったそうです

小学校1年の学芸会の劇で 浦島太郎の亀、という大役を頂いた リアル夫がめ。

前夜 姑がめが張り切って用意したご馳走を食べ過ぎ 腹痛を起こしました。

当日は 代わりの子が舞台に立ちました、とさ。

かめさんへ

僕もほぼ同じ経験あり。
教会学校のクリスマスパーティーで主役の「主イエス様」役。
当日お腹いた。
ただ、リアル夫がめさんと大きく違うのは仮病。
罪が大きすぎます。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク