僕は散髪が嫌いだ-4まで続けるつもりは、なかったのに

僕は散髪が嫌いだ-4まで続けるつもりは、なかったのに

昨日の「散髪」と「バルサン」どちらが緊張するの続きです。

やっぱり僕は「散髪緊張派」だ。

●このハサミで耳ちょんぎられるかもしれないし
●喉元を這う髭剃りで、スパッとやられるかもしれないし、
●「今日はどうされますか?」と聞かれてもいつも「はあ」としか言えないし、
●オヤジの話に相槌を打たないで「そりゃ違う」とか言って、ざきざき頭にされるかもしれないし、
●「だいぶ薄くなりましたね」と言われるかもしれないし、
●「だから、いい薬ありますよ」と高額商品を説得商法で販売されるかもしれないし、
●終わった後、頭の後ろで鏡を開かれて「これでいいですか」と聞かれて「いいえ、よくないです」とも言えないし、
●耳の横、ちょこっと触られると、すぐきゅっとなっってしまうし、
●「おねえさん、その、おっぱいすりすりはやめてください」とも言えないし、

とりあえず、今日も伸びた髪の毛を気にしながら散髪屋の前を通り過ぎる僕なのであります。

昨日の僕の疑問になかなか楽しいコメントが届いています。
こちらもあわせてお読み下さい。



昨日の疑問にも、よろしければコメント下さい。

<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。



コメント

兎ゃ 怒るし 蟹ゃ 恥じょ かくし~

よく考えたら 刃物持ったひとと向き合いますなー

西洋の王侯貴族の床屋は そうゆう意味で信用できて トップシークレットに接しても口外しない人物。

平ちゃん~の話では 奈良少年刑務所の理容は 千円未満で 一般のかたも利用可能だそうです。

本題と関係ないですが

>●「おねえさん、その、おっぱいすりす>りはやめてください」とも言えないし、

このくだりが、ものすごい気になります。どういうシチュエーションなのでしょうか…?

かめさんへ

そういえば、うちに最初の頃かめさん来てくれた時「かめスープ」にしてやろうかとかけっこう、僕、過激なコメントのお返ししてましたよね。
ごめんね。

編集のヤギさんへ

そういう大人の散髪屋さんがあったのです。値段は高かったのです。調子に乗って次行ったら、なくなっていたのです。

大人の散髪屋…!!

勉強になりました(笑)。

ブログの歴史に残る名作コメレス

『カメ千年漬(渋味)』

もぉ 見るなり笑い止まらず。今でも時々思い出します。

編集のヤギさんへ

これが女性用の美容室であれば、突起がややこしい。

かめさんへ

もうしま千年
と言いながら、
すけべでお万年。
こんな感じでしょうか。
(意味不明)


非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク