大黒公園のこと

大黒公園のこと

「ほら、あの公園や あの、公園が止めてくれたんや」

ここは、仕事で立ち寄った神戸・須磨区、鷹取。
おばちゃんは、僕の目の前の公園を指差す。

今はゲートボールの槌の音が響く、静かな公園。

しかし、

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒
僕たち神戸の人間たちには、いまだに忘れられない阪神・淡路大震災

daikokukouen-2.jpg
<震災時の大黒公園。確かに迫ってくる火と闘っているのががよくわかる>

「ほら、あの公園や あの、公園が火を止めてくれたんや。おかげでうちの家は燃えんかった」

それは、生と死の境目。

そして、今、
大黒公園に守られた町は、そのまま古い町並みを残し、
大黒公園が守れなかった町は、今はきれいに区画整理され、新しい家や商店が立ち並んでいる。

一見「ムダ」なような都会の真ん中の公園は、実は多くの人の命を救ったんだ。
でも、その教訓は活かされず、新しく建った町並みはキレイだけで、寸分のムダもない。

何が復興だ!
どこがキレイな町並み神戸だ!!

<もしよければ、あの当時のことを書いた>
「僕の阪神・淡路大震災」
を、お読みください。



<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。











【フジテレビ】無料で遊べる!

コメント

すごいお写真ですね。
迫りくる炎の恐怖が生々しいです。
私もあの大地震で知人が亡くなって
ショックでした。

公園で運命を分けた被災状況の教訓を生かされていない街づくりに成っているのですね・・・

スガジーさんへ

実は一年前に書いて、載せなかった記事です。
一年前にこの場所に行って、おばちゃんと話したあと、この写真を見つけたのですが、なんと言っていいか、書けなくて……。
ずっと、そのまま保存をしていたんですが、今日、掲載しました。

まっちゃんさんへ

僕たちは神戸を歩く時、よく言います。
「ああ、ここはきれいになっとんなあ。全部燃えたからなあ」と。

こんばんは

震災の記憶が風化しないように、こうした写真は公開した方が良いのかもしれませんね。
人はすぐに忘れてしまいますから・・。

ピン助さんへ

ほんとに貴重な写真が残っていました。
同様に、僕みたいなたわいもない話でも、何らかの形で残るんだなと思いました。
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク