神様お願い(その2)

神様、お願い(その2)

「ご褒美だ。よってお前に三つのお願いをかなえてやろう」と神様。

「はい、神様、吉野家の牛丼の特盛りを食べてみたいです」
「あほう、そんなお願いをかなえたら、わしは一生、神様界の笑いものじゃ」

「なら、生卵もつけてください」
「…………あのなあ、わしにも営業成績というものが……」

「じゃ、生姜、てんこ盛りに……」
「あほ、生姜は喰い放題じゃ」
「じゃ、七味山盛り」
「あほ、あれも。かけ放題だ」
「じゃ、つゆだくだくとか」
「…………」

ああ、チープな人間と、チープな神様の会話がとめどなく続く。

circle5t.gif

<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。


コメント

かみさま...

お布団しいて
鍵開けてまってるから

今夜あらわれて~

なわないさんの、つつましい願いに 無欲な人間じゃ、と 関心した神様は

金の丼と 銀の丼と 陶器の丼に 吉牛を盛り
なわないさんの 前に置きました

(関西でも吉牛よしぎゅう、て 言いますか)

本町2番出口さんへ

僕でよければすぐ行きます。




かめさんへ

そして、つつましい、なわないさんは、陶器の牛丼を選びました。
「ほう、この陶器は中国4000年の歴史の国宝陶器。これは超特上物ですよ」
ケケケ神様、ケケケ神様と、古道具屋さんの前でなわないさんは喜びのダンスを踊っています。

ケケケ神様、ケケケと…

踊ってはるうちに

ガシャン!

(´・ω・`)
まぁ よおある 展開ですが…

かめさんへ

毛毛毛。
<まったく意味不明>
非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク