「おしろい、味がわいた」

「おしろい、味がわいた」

DSC02397628.jpg
<クリックして拡大してください>

朝、起きて朝刊の地方欄。
「おしろい、味がわいた」

寝ぼけまなこで、もう一度、
「おしろい、味がわいた」

何っ?????
「おしろい 味がわいた」


すばらしい表現。
しゃきっと目が覚めた。

この天才文学者は誰だと見ると、

「細野○由君(14歳)」

うーん

「おしろい、 味がわいた」
14歳の分際で、芸者遊びでもしたのか?
そして、芸者のなまめかしい襟首(えりくび)のおしろいを、ペロリと舐めたのか?
その舐めたおしろいの味を、口の中で何度もぐちゅぐちゅしたのか?

そしたら、おしろいの味が、わいたのか?

そんなことをしたのか……。
わいたのか? 

ううーん、恐るべきやつ。
「細野○由君(14歳)」


<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。

コメント

非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク