「日本中のクーポン券統一を目指すおっさん」の話

「日本中のクーポン券統一を目指すおっさん」の話

僕の財布は分厚く重い。
もちろんお札(紙幣)で振らんでいるわけではありません。
財布の中は、行きつけの散髪屋のスタンプカードや、スーパーの金券、COOPさんの会員証などなど、ありとあらゆる割引券やクーポン券でぱんぱん。
(うふふ、その中には、吉野家の「牛丼3杯で一杯無料券」が三枚も入っています)

さてさて、なぜ、こんなことを書き出したかと言うと、
「日本中のクーポン券統一を目指すおっさん」のことを思い出したからであります。

line1000

以前、訳あって、「日本中のクーポン券統一を目指すおっさん」に会うことになって、
それはそれは語る語る。
「あなたの財布もいろんなクーポン券やカードで一杯でしょ」
(確かに)
「それを私がすべて、一枚のカードに統一するのです」
(なるほど、それは便利だ)
「統一した様式にすれば、経費削減につながる」
(まあ、そうだよな)
「クーポン券の加盟店に行けば、どこでもポイントがもらえる、使えるのです」
(けっこう、便利そうだなあ)
「すでに政府からもこの企画に補助金を出そうという動きが出ています」
(ほー、すごいなあ)

おっさんと別れてから、すごい企画だなあとふらふら歩いていたら、確かに商店には、さまざまな「割引」や「おまけ」の張り紙が貼ってある。
ああ、これを統一か、すごいなあ…………。

いや、ちょっと待て!

それって、誰かが「ばば(ジョーカー)」を引くカードじゃないの?

例えば、僕が頑張って10万ポイント(10万円)貯めました。
それを、そこの駄菓子屋さんで使います。
僕は「うまい棒」始め、アホほどの駄菓子を「ただで買って?」帰ります。
(多分、持って帰るには、トラックが必要でしょう)
店の商品がすべて無くなった駄菓子屋さんのおばあさんは、呆然と座ったまま。
そんな光景が浮かんできました。

確かに消費者にはありがたい「統一クーポン券」かもしれないけれど、
「ばば(ジョーカー)を引かれた加盟店は大損害じゃないですか。

「うふふ、国家が注目しているこの企画に、御社も出資しませんか?」
確か、そうも言ってたよな……。


<おまけ>
明日、三枚たまった、「牛丼3杯で一杯無料券」使いに行きまーす。わーい。


<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。

コメント

非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク