ピラニア請求書

ピラニア請求書

山のように積まれた請求書は、ピラニアの軍団。
明日、入金されるであろう、今回の総売り上げは、僕の体。

そして、さきほど僕は、ピラニアの池に突き落とされたのであります。





大きな仕事が終わって、今日は一日帳簿あわせ。
当初、こりゃ、いい儲けになるわい、とほくそ笑んでいたものの、
予定の倍以上、日数がかかったので雑費の多いこと多いこと。
そりゃ、人件費も倍。交通費も倍。(僕の交通費だけでも6万円かかった)

マイナス金額を電卓で叩くたびに、請求書がピラニアみたいに僕の体をがぶっ!
また、がぶっ!!
がぶっ がぶっ!!!

もちろん、池から逃れることは不可能。

すべてのピラニア請求書を打ち終わると、僕は骨だけになっておりました。

<おまけ>
骨が残っただけ、マシということにしておきましょう(泣)


<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。

コメント

非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク