鼻水記(食事中は読まないように)

鼻水記(食事中は読まないように)

歳をとると涙腺が緩むというのであれば、探偵ナイトスクープの西田局長みたいで、それはそれで芸風につながるだろうけれど、
僕の場合、歳をとるにつれて「鼻腺」が緩んできた。

暖かいものを喰っていると、知らぬ間にタラタラと鼻水がたれる。

近頃は、行きつけの立ち食いうどん屋のおばさんも慣れたもので、僕の顔を見るとダシを薄めにしてくれる。
で、いつもの様に僕がタラタラと鼻水をうどんの汁にたらしたのを見計らって、
「どや、今がジャストの塩加減や。さあ、飲んでみ」
と、胸を張るのだから、これはこれで庶民の味というか……。

で、風邪ひいた。

こうなると、タラタラではすまない。

今、うどん喰えば、どんぶりは溢れるだろう。ぐらい、出る。
人間、よくもまあ、これ程、体に水分があるもんだと思うぐらい、出る。
タラタラとか、そんな、なまっちょろいものではなく、消防士さんのように出る。(意味不明)

このまま行くと、僕はいったいどうなるのか?

①脱水症状
②ならば、点滴
③しかし、鼻水補給用の点滴は聞いたことはない
④「中年のおっさん、ミイラ化。原因は鼻水の垂れ流し過ぎか?ベッドの横には、大量のティッシュペーパー」

いやだ、そんな人生の終わりは……。

せめて、
<④の訂正>
「中年のおっさん、ミイラ化。原因は体液の垂れ流し過ぎか?ベッドの横には、大量のティッシュペーパー」
(中年のおっさんは非常に複数の女性とそういうことをしていた模様。頑張りすぎたのが死因か)

位にしたいのですが……。


<おまけ>

はっくしょん びじゃっ でいっじゅでじゅう 


<ブログランキング>
こんな話をおきに召されたら、ランキングのボタンをクリックしてくださいな。





コメント

非公開コメント

プロフィール

なわない 【おとなの絵本】

Author:なわない 【おとなの絵本】

スピーチライターやってます。

「うらない」じゃなくて、「なわない」
うらないとかに頼らずに、自分でなわなう。
うらなわないから、なわない。

おとなの絵本の作者です。





にほんブログ村 動画紹介ブログへ


★★★★★★★★★★★★★

リンク